専用のソフト

建設業許可申請の書類作成に建設会社専用のソフトを使うメリット

建設業許可申請の書類作成を行うためにより効率的な方法はないのでしょうか?
建築業許可申請は建設工事を行う業者が行政庁に工事の許可を申請して認めてもらうために必要です。中規模以上の工事現場においては、必ず大臣または各都道府県の知事の許可を取った上で工事現場において現場責任者や主任責任者などの名前や作業工程・工事期間などが明示される決まりとなっています。

建設業許可申請を行うには許可申請の書類を作成して行いますが、それを手書きや一から書類作成をして申請していくのは手間がかかりやすいことがデメリットとして存在します。そこで、建設会社専用のソフトウェアを購入及び使用することで手間をかけずに書類を作成できるようにできます。

建設会社専用の書類作成システムを利用するメリットとしては、入力作業の短縮だけではありません。
建築や建設に関する法律は時折改正されており、古い法律の知識を確認しないでそのまま入力していくと許可がおりず修正作業が加えられてしまう可能性があり、余計な手間がかかってしまいます。

このシステムを利用することで、法改正に対応してアップデート通知がくる仕組みになっていますので、随時更新していくことで最新の法律にあわせた書類作成がしやすくなるという点でも非常に便利です。

建設業許可申請用の書類の書式のほか決算変更届・財務諸表・さらに事業計画書などもこのソフト1本で作成できます。建設業許可申請の書式は各都道府県ごとに異なっている部分もある書式にも対応していることが特徴です。

会社情報の欄に入力する住所に合わせ印刷をする際に自動で会社が所在する都道府県の書式が選択される、という高度な機能も搭載しています。書式のデザインテンプレートについては、豊富な種類から選べるようになっており独自性のある書類を作成するという使い方もできます。

気になる価格については、基本的にソフト本体の代金は扱っている企業によって様々です。Wisdomという名称の書類作成システムの場合、一式全てを揃えると20万円以上かかります。バージョンアップする際には2万円台程度の代金がかかります。もう少し手軽な感覚で記入したい場合には別のソフトウェアの場合1万円台での購入もでき、バージョンアップの際の代金も1万円弱の代金を支払うだけで済みます。

このように建築会社専用のソフトウェアを使って作成していけば一から書類を作成することなく建設業許可申請ができるようになり、コストの面や労力の面でも大幅に短縮していくことができます。

申し込み方法についても簡単です。建設会社用の書類作成システムを販売しているサイトから申しこむと内容を確認した後数日中にはシステムデータの入ったCD-ROMが送られてくる仕組みとなっています。バージョンアップのときにはそのCD-ROMを入れた上でインターネット上でダウンロードをすれば手軽にできます。”

Copyright(c) 2016 建設業許可申請の手順 All Rights Reserved.