Archive for the ‘未分類’ Category

無料相談を利用

2016-03-24

無料相談を利用して建設業許可申請の代行業者を選ぶ

土木や建築業、左官業や管工事、電気や水道工事など建設に関わる業務をするときには建設業許可申請を行うことで大きな仕事ができるようになります。請負代金が500万円以上の工事を行う場合はこの許可を取得していなければ請け負うことができないと建設業法で決められています。

今では下請け業者に仕事を依頼する場合でもその下請業者が建設業許可を取得していないと500万円以上の工事を請け負ってもらうことができなくなってきています。だから500万円未満の工事ばかりを請け負うつもりで建設業法許可を取得していない場合には下請けとして大きな業者から仕事をもらうこともできなくなってしまうので、業務を拡大していくためにも建設業許可申請をする方が望ましいのです。ではそれはどのようにして取得できるのでしょうか。

まず事業所が二つ以上の都道府県にある場合は国土交通省に、一つの都道府県のみの場合は知事に申請をするのですが、建設業許可申請を行うに当たっては、建設業の経験が一定期間以上あることや、大きな工事を行うにあたって、請け負っている労働者や周辺の人たちを危険から守るため、またスムーズに工事が進んでいるかなどを監視することができる資格のある専任技術者を配置できるかどうか、また営業をするにあたってある程度の資金を有していることなども条件となります。

申請の際には建設業許可申請書のほかに役員や営業所の一覧、工事の経歴書、営業沿革、定款、誓約書、専任技術者証明書、登記事項証明書などたくさんの書類や証明書が必要となるので普段の業務をこなしながらさまざまな書類などを準備するのは大変なので、許可を取得したくてもなかなかその時間がないということもあるでしょう。

そんな時には代行業に依頼してみるという方法があります。代行業なら行政書士など経験豊富な人が代行をしてくれたりわからないところも教えてくれたりするので、その指示通りに準備を進めていけばよいのです。

このように代行業に依頼をしてみることで早く建設業許可申請を行うことができ、難しいことに悩んだり書類の取得などに困ることも減り、本来の業務を遂行することができるのです。ただ数ある代行業者の中から自分に合った業者を選ぶk所とも大切な要因になります。報酬は高いというイメージはありますが無料相談を行ってもらえるところを探し、複数の業者で無料相談を受けたうえで良心的で経験豊富、そしてであまり高価な報酬ではないところを選ぶことができるでしょう。”

Copyright(c) 2016 建設業許可申請の手順 All Rights Reserved.